【新世代ガラス遮熱コーティング剤】


「レイズガード」を塗ると!!
紫外線99%カット!
近赤外線35%カット!
可視光線の透過率は約80%ですから、視界も良好です。
塗るだけで±2℃~±5℃の効果があります。
(※エアコンの温度設定-1℃で10%の省エネ効果があります!
紫外線カット効果で、虫を寄せつきにくくします。
通常のフロートガラスはもちろん、フィルムでは貼れなかった凸凹ガラス・網入り ガラスにも塗れます。
キャンピングカーなどの、アクリル窓にも塗れます。 ★普通車もフロントガラス以外はOKです。(※フロントは曲面ですので、どうしても歪みが発生します。)透過率的には車検は通過しますが、『塗る事』で通過しないケースがあります。

塗るだけでこの効果!
暖冷±2℃~±5℃の効果!
従来品に比べて、飛躍的な作業性を実現!
毒性融和剤のキシレンは使用していません!
完全硬化後は鉛筆4Hと同等硬度で大変丈夫です!


  • 【紫外線とは】
    電磁波の一種で波長が0.2ミクロン程度から0.4ミクロン程度の光(電磁波)をさします。
    人体には化学作用(日焼け、皮膚ガンのもとになる)として影響を及ぼします。
    通常波長280nm~400nm付近の光のことを言い、もちろん人間の目では認識できません。
    太陽光の中に1%含まれているが、オゾン層の破壊等で最近は注目されています。
    紫外線自体は波長により3種類に分類されています。 UV‐A(400~320nm) 小皺の原因、皮膚への影響(浸透性)大 UV‐B(320~280nm) 日焼けの原因、皮膚への影響(浸透性)中 UV‐C(280~100nm) 通常はオゾン層で吸収され地上には到達 しません。

    【皮膚ガンの原因、赤外線とは】
    電磁波の一種で、波長が0.7ミクロン程度から100ミクロン程度の光(電磁波)をさします。
    人体には熱作用として影響を及ぼします。
    通常近赤外線、中赤外線、遠赤外線に分類されます。
    一般的には、物を温める力がこの中で一番強いのは波長750~1200.の近赤外線と言われています。(人間の目には認識できません。)

    従来のメーカーの中には近赤外線カット率を80%などと宣伝しているケースがありますが、実際には「近赤外線・中赤外線・遠赤外線」トータルでの平均値を謳っています。
    しかし、ジリジリした暑さに直接影響を及ぼす近赤外線は35%以上カットするとガラスが「熱割れ現象」を起こしてしまいますので、近赤外線カット率を80%と宣伝するのは過大広告と言えます。
    (※そもそも遠赤外線はガラスを通過しません!)


    詳しいパンフレット(pdf)


    【キット内容】


    本剤、硬化剤、エタノール等、写真に写っている部材が揃っております。

    ページのトップへ戻る